関西いのちの電話

ページを読みこみ中・・・

相談ボランティアは、悩みを抱えて電話をかけてこられる方の電話を聴き、共に悩み、こころを支え、再び生きていかれるよう支援をするものです。

実際には、月2回の電話担当を担っていただきます。そのほか研修会などの参加により、自己研鑽を積むことも必要です。

現在340名の人たちが相談ボランティアとして活動していますが、365日24時間の電話相談を続けていくためには、多くの相談ボランティアが必要です。

熱意を持ってボランティアに携わって下さる方を募集しています。毎年1回50名程度の募集をしています。

募集期間:2020年3月25日(木)

養成期間:1年目 2020年4月~2021年3月

     2年目 2021年4月~2022年3月

内 容 :1年目は一泊研修・一日研修・週1回の講義や実習があります。

     2年目はインターンとしての実習、各種研修があります。

受講資格:①2020年4月1日時点で20歳から68歳までの方

     ②いのちの電話の趣旨に賛同し、月2回の電話相談(深夜帯を含む)、

      および継続研修、組織を支える活動に参加できる方

     ③一泊研修(2020年4月18日~19日)および

     一日研修(2020年4月26日、9月27日)に全日参加できる方

     ④面接に来所できる方(3/26、3/28、4/5のいずれか1日)

費 用 :1年目58,000円 2年目20,000円

お問合せ:関西いのちの電話事務局 06-6308-6868

いのちの電話の相談活動は相談員のボランテイアによって支えられていますが、この活動を継続・維持していくためには、養成・研修費、広報費、事務費など、年間1800万円の運営資金が必要です。 2006年には自殺対策基本法が成立し、国としても自殺防止対策に取り組むことが表明されましたが、行政レベルでの個々の活動団体への支援は限られています。

関西いのちの電話では、資金確保のひとつとしてバザーやチャリテイコンサートなどにより、運営資金を得る努力をしています。しかしそれだけで資金を賄うことは到底難しく、運営費の半分以上は、みなさまがたの賛助会費や寄付に依っています。

どうか、関西いのちの電話の活動とひっ迫した財政状況に今一度ご理解いただき、みなさまがたの温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

ご支援いただける場合、2つの方法があります。

1. 賛助会員として

● 個人会員 年間

1ロ:A.3万円 B.1万円 C.5千円 D.自由

● 団体会員 年間

1ロ:A.10万円 B.5万円 C.3万円 D.自由

2. 寄付金による協力者として

金額は限定しておりません

夏期募金(7,8,9月)、歳末募金(12,1月)、資金ボランティア(年間)、寄付(年間)

会費・ご寄付のお振込先は

郵便振替・・・・大阪00990-3-68480

社会福祉法人 関西いのちの電話

三井住友 銀行  十三支店

口座番号 (普)998829

口座名義 (社福)関西いのちの電話

・銀行へのご入金はお名前しか表記されず、領収書が送付できませんので、事務局に別途お知らせいただければ助かります。

所得控除について

社会福祉法人へのご寄付は、寄付金控除として所得控除を受けることができます。

控除額の計算方法

次のいずれか低い金額 - 2千円= 寄附金控除額

イ その年に支出した特定寄附金の額の合計額

ロ その年の総所得金額等の40%相当額

寄附金控除を受けるためには、寄附金控除に関する事項を記載した確定申告書に、関西いのちの電話から交付を受けた領収書を添付するか、確定申告書を提出する際に提示する必要があります。

 

•ご支援をいただいた場合には、ニュースレター、チャリティーコンサート、公開講座などのご案内をお送りいたします